転職エージェントがおススメする薬剤師の転職サイト

薬剤師転職サイトランキング2017

*
  • 収入を増やしたい
  • 人間関係が良い職場に移りたい
  • スキルアップしたい
  • 子育てが一段落したので、仕事に復帰したい
  • プライベートを充実させたい
  • 通勤や勤務地を改善させたい

もし上記に該当するものが一つでもあったり、すぐでなくても今後転職を考えているのであれば、まずは転職サイトに登録してみましょう。

今、薬剤師専門の転職サイトの殆どが、転職エージェント(キャリアアドバイザー)があなたの転職をサポートしてくれます。しかも転職のサポートをしてくれるにもかかわらず、無料で利用できます。

「別に焦っているわけではないし・・」「無理やり転職させられそう」と、転職サイトに登録することをためらう人もいますが、とりあえず今の転職市場の状況、どういった求人があるか、求人先が求める人物像やスキル、給与条件や勤務条件などを知ってから転職するかどうかを決めてもいいのです。

 

薬剤師転職サイトランキング


ファルマスタッフ

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーン「日本調剤グループ」が運営する転職エージェントです。
新卒薬剤師が選ぶ就職先でも2位になるほどの大手だからこそ、求人も非常に多く持っています。

また求人が多いだけでなく、ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問。職場の状況を具体的にヒアリングしています。
そのため、給与面や勤務時間などの求人票に載っている情報だけでなく、職場の雰囲気や経営状況・残業などの忙しさまで、把握したうえで求人の紹介を行っていただけます。調剤薬局の大手でありながら、病院やドラッグストアにも強みを持っている転職エージェントです。

さらに、結婚や出産、子育てがひと段落した女性などのライフイベントに合わせ、正社員から派遣まで、あらゆるニーズに対応した求人紹介が受けられます。転職を考えるなら、絶対に外せない1社です。


メディウェル

メディウェルもファルマスタッフ同様、調剤大手のアインファーマシーズのグループ。こちらは新卒薬剤師が最も多く就職する企業としても有名です。

だからこそファルマスタッフ同様に求人も多く、利用した薬剤師が1万人を超えるのも当然のことでしょう。

また本社は北海道ですが、東京・名古屋・大阪・広島・福岡と各地域に拠点を持っているため、手厚いサポートと1件1件の求人票に載らない情報なども期待できます。ファルマスタッフ同様、登録しておいて損はない1社です。


ジョブデポ

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。給与や勤務時間などの希望条件等はジョブデポが代わりに直接交渉してくれるとPRとしており、仕事を探す求職者側に立ったサービスを提供しています。

その裏付けとして、こういった転職支援サービスは無料で利用できるにもかかわらず、ジョブデポを通して転職が決まった場合はお祝い金がもらえます。

これは採用が決まった際にジョブデポを含む人材紹介会社(転職エージェント)は転職先の企業から報酬を受け取る仕組みになっているわけですが、その約半分を自社の利益を削ってお祝い金として支給してくれるからです。

こういった企業姿勢であれば、自然に口コミで広がるため、現在では最も多くの転職を考える薬剤師が利用しているともいわれています。

2017年以降、薬剤師の転職市場が大きく変わるかも!?

2017年に入り、昨年2016年3月に大学を卒業した新卒の就職状況のデータも出てきていますが、今は完全な「売り手」市場の薬剤師の転職市場はが、徐々にその動きに変化が出てくる可能性が出てきています。

薬剤師の転職市場は、今のところ大幅な「売り手市場」です。

そのため

「もう少し待ったらいい求人が・・・」

「もう少し待てば良い条件で・・・」

「かなりの売り手市場だし、のんびり考えよう」

なんて、つい考えてしまいがちですが、実は薬剤師の雇用市場に2016年から大きな変化が起きつつあるようです。

転職を考えるのであれば、早めに動き始めた方がいいかもしれません。

国家試験の合格率が急上昇中!

いきなり話が変わりますが、薬学部で学んだ大学生が卒業前に受ける国家試験。2016年に行われた第101回薬剤師国家試験の合格率は76.85%となっています。

内訳をみると、「6年制新卒」の合格率は86.24%、「6年制既卒」が67.92%で、それぞれ合格率が低水準だった前回の72.65%、67.92%から約14%の上昇となっています。

今回の国家試験から合格点を「得点の65%」から平均点と標準偏差を用いた相対基準に変わったこと、必須各科目の足切りが50%→35%、理論各科目に関しては35%→廃止となったことも影響しています。

で、いきなり話が変わった、この国家試験の合格率が上昇したことが、転職とどういった繋がりを持つのでしょう?

これまで、薬学部の「6年制」への移行に伴う【空白の2年】や、第99回国家試験の合格率の低さなどから、新卒をうまく採用できなかったドラッグストアや調剤薬局は、新卒不足を補う為に中途採用、つまり転職希望者を積極的に採用してきたため、薬剤師の転職市場は活況でした。

ところが第101回国家試験の合格率は大きく上昇し、過去最高となる合格者数となったわけです。

平成28年3月28日 厚生労働省発表資料より

つまり、どういうことかというと、以前ドラッグストアや調剤薬局で生じていた新卒不足問題は、今後徐々に解消される可能性が出てきたということです。

新卒採用の増加は中途採用枠を減らす可能性があります

ドラッグストアや調剤薬局での新卒採用が順調に進むということは、以前のように採用の矛先が中途採用、転職希望者には向きにくくなる可能性が生じることになります。

この動きはすぐに解消されるものでもありませんが、国家試験の合格基準が特典の65%という絶対基準から相対基準に変わったということは、その年の平均点から一定の水準以上の受験者は合格するわけですから、合格者数も国家試験の難易度にかかわらず、毎年一定数の新人薬剤師が免許を持ち、薬剤師の市場に出てくる可能性が高くなってきたのです。

変わる大学生の就職希望先

さらに、2017年に入り薬剤師国家試験予備校大手「医学アカデミー薬学ゼミナール」が薬学生を対象に行った就職動向調査では、ドラッグストアを第1志望業界とした薬学生が全体の10%を超えたことが報じられています。

(引用:薬事日報 「ドラッグストア希望、薬学生の1割超に‐薬ゼミが就職動向調査

理由として、地域に密着している点や、今後の将来性、患者だけではなく一般者とも触れ合える健康サポート機能への関心などが挙げられているようですが、特に“OTC薬を扱いたい”という理由からドラッグストアを目指す学生が増えたことは注目すべきものと思われます。

また、エントリー社数でも変化が出てきています。

学生による説明会へのエントリー社数はここ2年間で、「3社以内」から「1社」と絞り込み傾向が見られていたのが、2016年度の説明会エントリー社数、説明会に参加した企業数を見ると、「2.4社」「2.6社」とそれぞれ前年度から0.3ポイント、0.4ポイント上昇しています。

中でもエントリー社数を「1社」と回答した学生の割合は、前年の53%から39%と一気に減少しています。
こうした現象を引き起こした要因は、前年度にエントリー社数1社だけで進路を決めた大学の先輩の存在があり、「就職先を決めるに当たって、もっと多くの企業の話を聞いておけばよかった」との後悔にも似たアドバイスが薬学生に大きな影響を与えた可能性があると考えられます。

他にも薬学教育協議会が発表した「2016年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査」の結果では、ドラッグストアなどの一般販売職は男女とも「30万円以上」で、初任給が最も高額。就職者が最も多かった薬局での初任給は男性が「30万円以上」、女性が「26万~28万円」が最多という結果になったという報道も出ています。

(引用:薬事日報 「【薬学教育協議会調査】薬局初任給、男性は「30万円以上」が最多‐売り手市場で上昇ピークに

これらの記事からも「売り手市場」を背景に、大学生が新卒での就職時からより良い環境、より良い条件の就職先を求めるようになってきたことが伺えます。

企業も新卒をたくさん採用できれば、もともと新卒採用ができなかったドラッグストアや調剤薬局が行っていた中途採用を実施する必要がなくなってきます。

今すぐに必要性がなくなることは考えにくいものの、「もう少し待ったら・・・」とか「売り手市場だから・・」とのんびり考えていると、中途採用の枠がだんだん減ってくることも考えられるようになってきているのです。

まもなく2017年3月卒業の大学生も就職してきます。2017年3月卒業の大学生の就職動向は、2016年からの変化がより顕著に表れてくるかもしれません。そうなると、それこそ中途採用の枠に陰りが出始めることだって考えられます。

もし少しでも転職を考えているのであれば、「転職する」「転職しない」にかかわらず、まずは転職のプロに相談し、現在の転職市場の動向、今後の傾向、現在ある求人など聞いてみたほうが良いかもしれません。

当サイトでは、実際に多くの方々の転職をサポートしてきた転職エージェントが本当にオススメする転職サイト(転職エージェント)を紹介しています。

薬剤師転職サイトランキング


ファルマスタッフ

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーン「日本調剤グループ」が運営する転職エージェントです。
新卒薬剤師が選ぶ就職先でも2位になるほどの大手だからこそ、求人も非常に多く持っています。

また求人が多いだけでなく、ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問。職場の状況を具体的にヒアリングしています。
そのため、給与面や勤務時間などの求人票に載っている情報だけでなく、職場の雰囲気や経営状況・残業などの忙しさまで、把握したうえで求人の紹介を行っていただけます。調剤薬局の大手でありながら、病院やドラッグストアにも強みを持っている転職エージェントです。

さらに、結婚や出産、子育てがひと段落した女性などのライフイベントに合わせ、正社員から派遣まで、あらゆるニーズに対応した求人紹介が受けられます。転職を考えるなら、絶対に外せない1社です。


メディウェル

メディウェルもファルマスタッフ同様、調剤大手のアインファーマシーズのグループ。こちらは新卒薬剤師が最も多く就職する企業としても有名です。

だからこそファルマスタッフ同様に求人も多く、利用した薬剤師が1万人を超えるのも当然のことでしょう。

また本社は北海道ですが、東京・名古屋・大阪・広島・福岡と各地域に拠点を持っているため、手厚いサポートと1件1件の求人票に載らない情報なども期待できます。ファルマスタッフ同様、登録しておいて損はない1社です。


ジョブデポ

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。給与や勤務時間などの希望条件等はジョブデポが代わりに直接交渉してくれるとPRとしており、仕事を探す求職者側に立ったサービスを提供しています。

その裏付けとして、こういった転職支援サービスは無料で利用できるにもかかわらず、ジョブデポを通して転職が決まった場合はお祝い金がもらえます。

これは採用が決まった際にジョブデポを含む人材紹介会社(転職エージェント)は転職先の企業から報酬を受け取る仕組みになっているわけですが、その約半分を自社の利益を削ってお祝い金として支給してくれるからです。

こういった企業姿勢であれば、自然に口コミで広がるため、現在では最も多くの転職を考える薬剤師が利用しているともいわれています。

 

薬剤師の転職サイト(転職エージェント)を使うメリット

求人の多さや表に出ない非公開求人がいっぱい

薬剤師専門の転職サイトや転職エージェントを使う一番のメリットは、求人の量や質です。

薬剤師専門の営業担当者が調剤薬局から病院、ドラッグストアだけでなく、製薬メーカーの人事採用担当まで幅広くアプローチを行っています。だからこそ薬剤師の求人も多く、特に人気が出ると考えられる求人については、「非公開」とすることで応募者が殺到するのを防いでいます。

こういった非公開求人は転職サイトや転職エージェントのサービスに申し込まないと見ることが出来ません。

現在の転職市場の動向だったり、どういった薬剤師が求められているのか、雇用形態や給与条件がどのようになっているのかなども、求人が多くないと傾向もつかめません。

転職サイトや転職エージェントは求人も多く保有しているため、市場動向や傾向もしっかり把握しています。

雇用条件だけでなく、職場の雰囲気も把握している

営業拠点が全国にある転職サイトや転職エージェントは、営業担当者がこまめに調剤薬局や病院、ドラッグストアを訪問しています。だからこそ求人数もそれなりに持っているわけですが、彼らは求人だけでなく職場の雰囲気なども把握しています。

転職はしたものの、職場環境が悪く仕事を辞めたくなった・・なんてことがないように、職場の雰囲気を応募する前に知ることもとても大切なことです。求人票に掲載されない職場の雰囲気などを教えてもらうだけでも転職サイトや転職エージェントを使うメリットになります。

特に薬剤師の働く現場は、他の業界と比べ女性の割合が高いと言われています。
そのため、結婚や出産、子育てなどのライフイベントを考慮し、プライベートと仕事を充実させるための働き方というのも考える企業が増えており、派遣やパート求人なども非常に多いあります。

「他の薬剤師がどのような働き方をしているのか?」、「同じママさん薬剤師がいるのか?」なんてことを転職エージェントに聞いてみてもいいかもしれませんね。

もちろん「スキルアップしたい」「年収を上げたい」といった要望に合う求人や職場環境も聞いてみても良いでしょう。

場合によっては「こういった薬剤師の方がいるのですが・・」と転職先に交渉してくれることもあります。
求人だけでなく職場の雰囲気も把握してくれているからこそ、そういった売り込みを行ってくれるのも転職サイトや転職エージェントを使うメリットです。

書類の書き方や面接のアドバイスが受けられる

転職エージェントは転職のプロです。毎日多くの転職希望者の人たちと接しています。だからこそアピールポイントや応募先に合わせた書類の書き方など、転職実現に向けたノウハウをたくさん持っています。

こういったノウハウを学び、より良い転職先から内定をもらうためにも、アドバイスは積極的に受けた方が良いでしょう。

働き方であったり給与や勤務の条件が良い求人というのは、他の人にとっても魅力的に見える求人です。

「ここが良い!」と思える求人には応募者も殺到しがち。良い条件・環境の職場で働くためにも、書類の書き方から面接まで、しっかりとサポートを受けることができるのもメリットの一つです。

転職サイトと転職エージェントをうまく使うコツ

転職サイトは複数登録すること

例えば、Aという転職サイトが持っている求人がBの転職サイトにはない、なんてこともあります。また、同じ求人であってもAとBの転職サイトをみると給与条件が異なるなんてことも・・・

これは実際にあるケースです。転職の場合、新卒と異なり転職する時期も違うば一人ひとりのキャリアや経験も異なります。

そうなると条件面も一人ひとりに合わせたものになります。求人を預かった転職エージェントがヒアリングした求人の内容だったり、ヒアリングした時期によってはこういった条件が変わっていることもざらにあります。

希望条件に合う求人を持つ転職エージェントに登録していないばかりに、他の人に内定を獲られ・・・なんてことにならないように、最低でも3つは登録するようにしましょう。

転職を考えたら、取り敢えず登録を

「今すぐではないから・・」と登録を躊躇してしまいがちですが、転職エージェントはその辺の事情も理解したうえでサポートしてくれます。もし登録しないでいる間に、希望に合致する求人が出てきたら・・・もったいないですよね。

転職を考えているのであれば、今すぐでなくても、とりあえず登録して、希望に合致する求人が出てくるまで待つというのも効果的な転職を実現させる秘訣です。

薬剤師転職サイトランキング


ファルマスタッフ

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーン「日本調剤グループ」が運営する転職エージェントです。
新卒薬剤師が選ぶ就職先でも2位になるほどの大手だからこそ、求人も非常に多く持っています。

また求人が多いだけでなく、ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問。職場の状況を具体的にヒアリングしています。
そのため、給与面や勤務時間などの求人票に載っている情報だけでなく、職場の雰囲気や経営状況・残業などの忙しさまで、把握したうえで求人の紹介を行っていただけます。調剤薬局の大手でありながら、病院やドラッグストアにも強みを持っている転職エージェントです。

さらに、結婚や出産、子育てがひと段落した女性などのライフイベントに合わせ、正社員から派遣まで、あらゆるニーズに対応した求人紹介が受けられます。転職を考えるなら、絶対に外せない1社です。


メディウェル

メディウェルもファルマスタッフ同様、調剤大手のアインファーマシーズのグループ。こちらは新卒薬剤師が最も多く就職する企業としても有名です。

だからこそファルマスタッフ同様に求人も多く、利用した薬剤師が1万人を超えるのも当然のことでしょう。

また本社は北海道ですが、東京・名古屋・大阪・広島・福岡と各地域に拠点を持っているため、手厚いサポートと1件1件の求人票に載らない情報なども期待できます。ファルマスタッフ同様、登録しておいて損はない1社です。


ジョブデポ

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の薬剤師専門の転職支援サービスです。給与や勤務時間などの希望条件等はジョブデポが代わりに直接交渉してくれるとPRとしており、仕事を探す求職者側に立ったサービスを提供しています。

その裏付けとして、こういった転職支援サービスは無料で利用できるにもかかわらず、ジョブデポを通して転職が決まった場合はお祝い金がもらえます。

これは採用が決まった際にジョブデポを含む人材紹介会社(転職エージェント)は転職先の企業から報酬を受け取る仕組みになっているわけですが、その約半分を自社の利益を削ってお祝い金として支給してくれるからです。

こういった企業姿勢であれば、自然に口コミで広がるため、現在では最も多くの転職を考える薬剤師が利用しているともいわれています。

投稿日:

Copyright© 薬剤師転職サイトランキング2017 , 2017 AllRights Reserved.