薬剤師の転職サイトのメリット・デメリット

薬剤師の転職サイトはインターネットで調べれば、たくさん出てきます。しかもどこも「求人がたくさん」「お祝い金が出ます!」なんてうたい文句を出していたりと、正直、どこが良いか分かりにくいですよね。

そして、分からないままいくつかの転職サイトに登録すると、あちこちから頻繁に電話がかかってきて、わずらわしかったりすることもあります。

今回、実際に転職サイト(転職エージェント)を利用した現役薬剤師の方に使ってみたからこそ分かる、『転職サイト(転職エージェント)のメリット・デメリット』を書いてもらいました。

転職サイトに登録する前に注意すべき点がある

いくつかの薬剤師の転職サイト(転職エージェント)に登録し、実際に就職活動を行ってみて気づいたことは、転職サイトに登録する前に注意すべき点があるということです。

転職サイトを使うタイミングとしては、
① 今の職場に不満があり、転職したいので転職サイトを使いたい。
② すぐに転職する気はないが、いいところがあれば話を聞いてみたい。
というときが主に挙げられると思います。

この2パターンで、転職サイトを使用するにあたってのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

① 今の職場に不満があり、転職したいので転職サイトを使いたい。

転職サイトを使うメリット

面接日程の調整作業や辞退が気軽にできる

転職サイトに登録して活動する以外には、友達や大学の恩師、親のツテで情報を得る、また自分でハローワークに行って調べるなどの方法があります。

その場合、給料の交渉や面接の日程調整などの事務作業を自分でしなくてはいけません。そして自分の想像と違うなどで、お断りする際にもかなり気を使います。

面接に同行してくれる

転職サイト(転職エージェント)によっては面接に同行してくれる場合もあります。

同行してもらう場合、面接で給料や休みの交渉もしてくれますし、聞きたかったけど、聞きにくい質問なども代わりにしてくれます。例えば職場の雰囲気、働いている人の年齢構成など。

また、それを契約書として作成し、会社と個人の印を取ってきちんとした形で残してくれます。

就職お祝い金がでる

転職サイトによっては、転職お祝い金として最高40万円が出るというところもあります。

別の転職サイトで知った求人を最終的にはお祝い金が出るところで紹介しなおしてもらったという方もいるほど人気のサービスです。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

転職サイトを使うデメリット

対応が面倒

転職サイトによっては取り扱っている案件が異なり、転職サイトはたくさん登録した方がいい条件の案件が出てきそうと、数社登録される方がほとんどだと思います。

転職サイトをまとめているサイトなどでは、「10社くらい掲載して、全部登録しましょう!」なんて書いているところもあります。

これを信じてたくさん登録すると、登録した時点ですぐに電話が鳴り、その対応に追われることになります。

転職サイトによっては面接前に面談を行うところもあり、そのために時間を割くことになります。現状在職中である場合はかなり面倒です。

もちろん転職サイトによって、取り扱っている求人数は異なりますが、利用して感じたことは、登録した転職サイトで取り扱っていなくて、他の転職サイトに登録してある求人でも、「この職場を聞いてみてください」とお願いすれば、ちゃんと対応してくれるということです。

ただし、転職サイトによっては同じ就職先でも価格交渉がうまく、時給や給料を上げてくれる場合があります。

実際に上がらない場合でも、「価格交渉するのでこちらに任せてください」と言ってくる場合があります。うまく交渉して、いい条件の引き出せそうな転職サイトに絞っていく必要があります。

そうでなければ、四六時中何社もの転職サイトのエージェントの対応をする羽目になります。同じ話を何度もしなくてはならず、ここで転職を断念される方も多いのです。

転職サイトを使わない方が得することも・・・ある

直接自分で求人を探し応募した方で、直接を申し込んだ場合で得したという方の話を聞いたことがあります。

転職エージェントを通すと、転職先に移った時に企業側は契約金を支払わなければなりませんが、直接応募した場合は、そのお金を支払わずに企業側は転職エージェントを通すよりも安く薬剤師を雇うことができます。

そのため気をよくした採用担当が、給料を上げてくれたという話です。

しかし、全てが給料が上がるというわけでもありません。

逆にツテがあって、断りにくいだろうと足元を見られて、給料を安く抑えられてしまった話も聞きます。

結局は交渉次第ということでしょうか。自分で「転職エージェントが入っていないのだから、給料を上げてほしい」と交渉するのはかなりテクニックがいるでしょう。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

② すぐに転職する気はないが、いいところがあれば話を聞いてみたい

転職サイトを使うメリット
情報収集に役立つ

転職サイトによっては定期的な配信されるメールマガジンで、薬剤師が疑問に思いやすいような問題点を解説してくれたり、新薬の情報を配信してくれたり、医療過誤を紹介してくれたりします。

薬剤師の給料の相場が分かる

薬剤師の給料は転職する時期によって変動するもので、相場を把握しておくことでより高給で転職できる時期を診測ることができます。

転職サイトを使うデメリット

すぐに転職する気がないのに、やたらと連絡が来る

初めは転職する気はなく登録しておいただけだったが、連絡が鬱陶しいので解約したと言う方は意外に多いです。私の友人や同僚にも多くいます。

定期的に来る現状確認の電話が煩わしい方や、メールマガジンなど読んでいないし読む暇もないという方は転職サイトに登録しない方が良いかもしれません。

転職する気になってから登録するか、登録数サイトは1つか2つ程度にしておきましょう。

「とりあえず」面接を受けてみませんかと言われる

転職エージェントと話が進んでいくと、とりあえず面接を受けてみませんかと言われることがあります。

そして「とりあえず」面接を受けると、転職しなくてはいけないような状況に追い込まれることもあるようです。

まだ転職するかどうか悩んでいる人にはありがた迷惑ですし、結局は断ることになるので本当に就職したいときに不利になる可能性もあります。

そのほかにも、

転職サイトへ登録するメリットがあります

ライフプランの見直しや給与相場を知ることが出来ます。

転職サイトは、実際に転職先を検討する際にだけ利用するのではなく、現状に不満がない場合も、ライフプランを見直したり、今の薬剤師の給料の相場を知ったりするのに、登録しておくと大変便利です。

この際、相談に乗ってもらう転職サイトは今後転職を考えるときに使いたいと思っているところや、長期的にお付き合いできるような信頼できそうなところを選びましょう。

面接になった時、面接に同行してほしいかそうでないかも大きな分かれ目になります。

面接に同行してくれる転職サイトは少なく、この時点で数社に絞れると思います。それから、面接前の面談がいやかどうかによって、残りは1、2社になります。

特に面接には同行してほしくないという方は求人件数が多いところを登録しておけばいいでしょう。

また、定期的に配信されるメールマガジンをチェックすることでQUOカードがもらえるところもあります。すぐに転職される予定がないのであれば、こういうところに登録しておけばお得に情報収集ができます。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

まとめ

転職サイトに登録する前にまず、希望する条件を決め、その後、自分に合いそうな転職サイトを選びます。
・給料
・場所(通勤時間・通勤手段)
・休み
・面接のエージェントの同行の有無
・面接前の転職エージェントとの面談の有無
・メールマガジンに登録すればQUOカードが定期的に送られてくるなどの特典の有無
・就職お祝い金の有無

また、面接を受ける前にはぜひ転職先を見に行ってください。中に入れそうであれば、実際にお客として見に行ってください。

そうすれば、働いている人の雰囲気や動線がわかります。実際に就職した後に、イメージと違ったという問題が起こりくくなります。

転職サイトによっても個性がありますし、エージェントも様々です。自分に合わないと思えば、代わってもらったり、違う転職サイトにしたりするなどして、長くお付き合いできそうな人、転職サイトをさがすようにしましょう。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする