派遣薬剤師としての働き方

派遣社員といえば、派遣切りなど、雇用が不安定で正社員に比べて給料も安く、保証も無いというのがイメージだと思います。

今回は、派遣社員のメリットデメリットについて調べました。

派遣薬剤師のメリット

時給が高い

派遣社員のメリットは何と言っても時給が高いことです。

高いところでは時給4000円ということもあります。

一般的には地方の薬剤師が少ないエリアの求人では時給が高く、都市部の薬剤師が多いエリアでは時給が低いこともあります。

それでも、パートで働くよりも高時給のことが多いのです。

残業がほとんどない

もともと時給が高いため、残業すると、さらにその1.25倍の時給になります。雇っている側からすれば、それだけ人件費もかかるため、基本的には派遣社員に残業をさせることはありません。

短期間で稼げる

期間を指定しての派遣もあります。

例えば、育休休暇や介護休暇中の社員が復帰するまでの繋ぎの期間、派遣社員を雇うような場合などです。

延長してほしいと頼まれることもありますが、断ることもできますし、予定が立てやすいためメリットも大きい働き方と言えるでしょう。

試しに働いてみることができる

どんな会社なのか、職場の雰囲気等は、中に入って実際に働いてみないとわからないこともあります。

派遣社員として入り、契約期間終了後にその職場に残るかどうかを決めることもできます。

紹介予定派遣という働き方で募集をかけていることもあります。

>> 時給4000円以上!?高額時給のファルマスタッフ(登録無料) <<

派遣薬剤師のデメリット

長く同じ場所で同じ給料での雇用は難しい

慢性的な人員不足の場合をき、基本的には短期的に雇用期間に定めがあることが多いため、同じ場所で長期的な雇用を望む方には向いていません。

パートより派遣の方が給料は高いのですが、ずっと同じ場所で勤めたいと考えている方は雇用契約の終了とともにパートや社員への切り替えなくてはなりません。

つまり、あくまでも人が決まるまでの繋ぎのため、長く勤めるためにはパートや社員になる必要があると考えておいた方が良いでしょう。

急に休めない

薬剤師は突然、休めません。

薬剤師がいないと、薬局でもドラッグストアでもオープンできないことがあるからです。

それは当然といえば当然なのですが、派遣薬剤師は薬剤師がいないところへ派遣されているため、当日の朝突然休むことは難しいのです。

前もって休む場合は相談の上決められるため、ほかの社員に比べて休みやすいかもしれません。

もちろん、長期で勤務している場合は有給休暇もあります。

>> 時給4000円以上!?高額時給のファルマスタッフ(登録無料) <<

派遣薬剤師の給料が高いわけ

薬剤師が不足している地域では継続的に求人活動を行なっていても、薬剤師が集まらないことがあります。

薬剤師が見つからなければ、短期的にでも給料を引き上げることで、正社員や安い給料でも長期で入ってくれるパート薬剤師が見つかるまでのつなぎとして派遣薬剤師を募集しているケースが多いようです。

正社員を雇うためには、雇用保険や健康保険、厚生年金、退職金など必要経費として給料に40%上乗せした額が必要になると言われています。

派遣薬剤師の場合、それらの費用を派遣会社が支払うため、雇う側からすれば人件費は正社員を雇うのとそれほど変わりません。

そのため、自社で募集をかけるより、派遣会社に登録している薬剤師を依頼する方が、一刻も早く薬剤師を必要としている会社では早く人材を確保できるメリットがあります。

そのため、多少コストがかかったとしても人材を確保できるため、特に薬剤師が不足している地域では派遣薬剤師の時給がどんどん上がっていくのです。

派遣薬剤師の保険や年金は?

派遣薬剤師は基本的に派遣元の会社に所属し、所定の時間数以上働けば、保険や年金への加入もできます。

基本的には2ヶ月以上契約が継続されることが前提であり、週20時間以上で雇用保険に入ることができ、30時間以上で厚生年金、健康保険がつくことが多いようです。

派遣会社によっては福利厚生でジムやホテルが割引価格で利用できるところもあります。

まとめ

派遣薬剤師は以下のような方に向いています。
・短期で稼ぎたい人。
・いろいろな職場で経験を積みたい人。
・フレキシビリティのある働き方をしたい人。子供の夏休みの間は働きたくないなどを契約に盛り込むこともできるようです。
ただし、福利厚生や有給休暇などを含め、派遣会社によって大きく異なるため、事前によく確認してからどこの派遣会社にするかを決めてください。

>> 時給4000円以上!?高額時給のファルマスタッフ(登録無料) <<