認定薬剤師、専門薬剤師について

薬剤師はどこで働くにしても、生涯にわたって勉強し続けていくことが必要不可欠な仕事です。

多くの団体や学会が薬剤師のために研修を行っています。

業務経験を重ねながら研修を受け、知識と技術を深めることで「認定薬剤師」の資格を得ることができ、さらにその上の「専門薬剤師」や「指導薬剤師」を目指すこともできます。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

薬剤師免許だけでなく、さらに専門分野を掘り進めていったり、広げていったりすることもでき、これから迎える超高齢化社会の中で、薬剤師がチーム医療の一員として担うべき役割を遂行するためにも薬剤師は生き残りをかけて個人個人の専門性を高め、広げていく必要があります。

それぞれの団体が個性を生かして、「認定薬剤師」、「専門薬剤師」、「指導薬剤師」を定めています。その一例を以下に示しました。

認定薬剤師・専門薬剤師 内容
認定元
研修認定薬剤師 一定期間内に所定の研修を受け、その成果を認定された薬剤師。
公益財団法人日本薬剤師研修センター
漢方・生薬認定薬剤師 漢方薬・生薬に関する専門知識を習得し、能力と適正を備えた薬剤師。
公益財団法人日本薬剤師研修センター
認定実務実習指導薬剤師 薬学生の実務実習の指導にあたることのできる薬剤師。
公益財団法人日本薬剤師研修センター
小児薬物療法認定薬剤師 小児科領域において医薬品に関わる専門的立場から医療チームの一員として小児薬物療法に参画するための能力と適性を備え、さらに患児とその保護者等に対しても適切な助言および行動ができる薬剤師。
公益財団法人日本薬剤師研修センター
糖尿病薬物療法認定薬剤師 糖尿病療養指導(食事療法、運動療法、薬物療法など)全般についての 知識及び技能を有する薬剤師。
https://jpds.or.jp/?page_id=454
日本くすりと糖尿病学会
感染制御認定薬剤師 院内感染など感染制御についての高度な知識を持つ薬剤師。
日本病院薬剤師会
感染制御専門薬剤師 感染制御に関する高度な知識、技術、実践能力を持つ薬剤師。
日本病院薬剤師会
精神科薬物療法認定薬剤師 精神科薬物療法に関する高度な知識と技術により、精神疾患患者の治療と社会復帰に貢献することを理念とし、精神疾患に対する薬物療法を安全且つ適切に行うことのできる薬剤師。
日本病院薬剤師会
精神科薬物療法専門薬剤師 認定薬剤師からさらにステップアップした資格。認定薬剤師やそのほかの薬剤師の指導的立場にある薬剤師。
日本病院薬剤師会
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 妊娠・授乳期における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観により、母体の健康と母乳保育の利点に配慮するとともに、胎児・乳児等の次世代への薬物有害作用に配慮した薬物療法を担うものである。
日本病院薬剤師会
妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師からさらにステップアップした資格。
日本病院薬剤師会
HIV感染症薬物療法認定薬剤師 HIV 感染症治療における薬物療法に関する高度な知識、技術、倫理観を備える薬剤師。
日本病院薬剤師会
HIV感染症専門薬剤師 HIV感染症薬物療法認定薬剤師からさらにステップアップした資格。
日本病院薬剤師会
日本医療薬学会認定薬剤師 薬の専門家と呼ばれるにふさわしい一定レベル以上の実力を持つ信頼される薬剤師。日本医療学会が定める認定薬剤師。
日本医療学会
日本医療薬学会指導薬剤師 日本医療薬学会認定薬剤師を指導する立場にある薬剤師。
日本医療学会
がん薬物療法認定薬剤師 がん領域における薬物療法等についての高度な知識と技術を用いて、医療機関において質の高いがん薬物療法を実践する薬剤師。
日本医療学会
がん指導薬剤師 がん領域における薬物療法等についての深い知識と鍛錬された技術を用いて、他の薬剤師に対する指導的役割を果たし、研究活動についても自ら推進することができる能力を有すると認められた薬剤師。がん薬物療法認定薬剤師からステップアップした資格。
日本医療学会
薬物療法専門薬剤師 幅広い領域の薬物療法における高度な知識と技術を用いて、他の医療従事者と協働した薬物療法の実践により、患者に最大限の利益をもたらすことができる薬剤師。
日本医療学会
がん薬物療法認定薬剤師 がん薬物治療について専門的な知識を持つ薬剤師。抗がん薬注射剤混合調製、薬物血中濃度モニタリング、 緩和ケア等の業務に携わる薬剤師。
日本病院薬剤師会
緩和薬物療法認定薬剤師 主にがん治療における緩和ケアチームにおいて、専門的な知識を持ち、QOLの向上のため活躍する薬剤師。
日本緩和医療薬学会
プライマリ・ケア認定薬剤師 地域を基盤として,継続的に展開される包括的,ならびに全人的なプライマリ・ケアについて,その知識,技能および態度を修得した薬剤師。
日本プライマリ・ケア連合学会
公認スポーツファーマシスト 最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持つ薬剤師として、競技者や指導者への薬の使い方に関する情報提供や啓発活動、学校教育現場における薬の使用に関する情報提供や啓発活動を行う薬剤師。
公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)
救急認定薬剤師 救急医療における薬物療法に関する十分な知識・技能を有する薬剤師。
日本臨床救急医学会
抗菌化学療法認定薬剤師 抗菌化学療法(抗ウイルス薬、抗真菌薬も含む)に関する十分な知識及び技能を有する薬剤師。
日本化学療法学会
日本禁煙学会認定専門指導者(専門薬剤師) 禁煙に関する知識を持ち、禁煙をサポートし、推進する薬剤師。
日本禁煙学会

まとめ

現在行っている業務に対して与えられるものがほとんどで、全く異なる分野から専門薬剤師だけを取得するということは難しいようです。

また、「認定薬剤師」、「専門薬剤師」、「指導薬剤師」のほかにも、ケアマネージャーやサプリメントアドバイザーなど薬剤師の職能を生かした展望もあります。

薬剤師免許だけでなく、ほかの資格を取得することにより、転職の際に有利になったり、指導的職種に転職したりすることが可能となり、収入のアップが期待できます。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする