薬剤師からCRAへの転職 (転職体験談)

私は新卒で調剤薬局に就職しました。趣味が楽器演奏のため、就職後も楽器を楽しみたいと思っていたこともあり、就職間もないころは土曜も休みで学期を楽しむ余裕もありました。

しかし、土曜勤務が必須の店舗に異動に。

練習は土日が多く、仕事していれば参加できない日があるのも分かっていましたし、仕方ないと考えていましたが、土曜出勤が続くと演奏会にも出られず嫌だなぁと考えるようになりました。

そんなとき、大学の友人の結婚式で、製薬会社に就職した先輩とお話する機会がありました。先輩は臨床試験のモニター(CRA)をされていた方で、やりがいがあり、土日も休み。

プライベートを重視して転職するにはいい仕事だとすすめてくださいました。

そういえば、同じ趣味の友人で治験コーディネーター(CRC)をしている人がいるなぁと思い出し、彼女にも話を聞いてみました。

彼女も趣味との両立をうまくやっていて、かつ仕事も楽しくやっている様子でした。

どちらの仕事も魅力的だなぁと思いながらも、「もし土日やプライベートを重視した転職が出来るのであれば・・・」と淡い期待を胸に、とりあえず転職エージェントに相談してみることにしました。

エージェントではそんな私の事情をよく聞いてくださり、業界のことやCRA、CRCといった職種がそれぞれどのよな仕事内容なのかまで、丁寧に説明をしてくださいました。

説明も非常に分かりやすく、その説明のおかげで結果的にはCRAに絞って転職活動を行うことになりました。

エージェントに相談してよかったと思ったことは、複数の会社を紹介していただけること、職務経歴書の添削や面接対策もしていただけることなど、挙げればいくつもありますが、CRAの企業だとなかなか知らないところが多く、特に企業の紹介はどのような会社か、どういった人が活躍しているのか、社員の働き方や一日のスケジュールなどを教えてくれたのは助かりました。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

転職を考えたのも土日に休みが取れて、プライベートを充実させたいというのが一番の理由だったからです。面接ではこれをそのまま話すわけにもいきませんでしたが、面接対策で上手な伝え方なども教えていただき、希望していた会社から内定をもらえた時はとてもうれしかったです。

そして、一番助かったと思ったのは、転職が決まったあとの転職先との調整です。

退職日が予定よりずれてしまい、先方に了承いただかなければならない事態に。これが原因で不採用になったらどうしようかと心配しましたが、うまく対応してくださいました。

こうやってCRAとして働くことになったわけですが、転職してもう一つ良かったと思えることがありました。

それは、CRAの仕事内容が非常に私に会っていたということです。ひとつの薬剤に対してとことん向き合うというスタイルは私にはやりがいを感じました。

前職の薬剤師の経験ももちろん役立っていますし、土日に仕事が入ることもあったとしても稀です。基本的には休みなので、趣味との両立もできました。

色々なきっかけがあり転職しましたが、転職エージェントに登録して勢いをつけたことが成功のカギであったと思っています。

>> 薬剤師転職サイトランキング(利用無料) <<

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする